2007-05-27

最初が肝心?



先週の外人が帰国したと思いきや、今週は4/30に入社したばかりの新しいボスが来日しました。会うのはもちろん初めて。イタリア系アメリカ人でニューヨーク育ち。とにかく英語が判りづらく、しかも気難しいそう...(。>0<。)ノ。言葉もすくなく、冗談も言わない。最初はどうなるかと思いきや、最後は笑顔で冗談も言ってたので、まぁうちとけられたでしょう。最初が肝心ですから、かなり神経を使いました。特にうちの社長は...お疲れ様でしたm(_ _"m)。このボスですが、辛いラーメンが好きということで、新丸ビルの四川豆花飯荘 http://www.sichuandouhua.com/tokyo/なるところへランチに行きました。重慶坦々麺は、本当に辛かった。跡で調子が悪くなりました。(写真を撮り忘れてしまいました。)茶芸師が注ぐお茶も名物らしいです。



ボスを成田行きのNEXに乗せて、新しいオフィスの様子を見に行きました。(我社は来月代々木に移る予定なのです。)内部は工事中でまだ殆どオフィスになってませんが、外の看板には既に会社名も入っていました。ちなみに我社は12Fですが、既に2F、3Fは既に入居してます。我社の引越しは6月中旬。どんなオフィスになるのか楽しみです。

2007-05-22

久しぶりにゆっくりと...

先週は”データストレージExpo”と本社の外人来日が重なり、東京ビッグサイト、
パートナ、顧客を走りまくり本当にばてました。
これで週末に予定など入っていたら最悪なのですが、幸運にも小学校の父母会とかで
娘と二人でお留守番とのこと。娘が近所のお友達と外で遊んでいる間に久しぶりにゆっくりと、読書なんぞできました。



「迷いと決断」(出井伸之著)

出井さんがSonyの社長になるまでの出来事の中での迷いと決断について書かれています。
ビジネス書としての感想は特にないのですが、物語としては面白いと思います。



「御社の営業がダメな理由」(藤本篤志著)

非常にわかやすく読みやすい本です。
言っていることは実は皆が認識していることではないかというのが感想であるが、再認識できたということで、良かったと思う。

”三つの方程式”
-営業結果=営業量×営業能力
-営業量=営業時間-(意識的怠惰時間+結果的怠惰時間)
-営業能力=営業知識+営業センス力+グランドデザイン力

意識的怠惰時間と結果的怠惰時間をいかに減らして、営業量を増やすかが鍵というのは理解できる。
日本に多い、日報作成/稟議書作成/提案書作成/見積書作成など、営業のオフィス作業を以下に減らすのかは永遠の課題だと思う。
意識的+結果的怠惰時間を算出してみると、多分わが社の営業活動時間も労働時間の50%以下なのではないでしょうか?反省。


2007-05-18

またまた Nintendo Wii







毎年恒例になりました”Data Storage Expo”に出展しています。そして、今回も”Nintendo Wii”があたる抽選会を開催しています。ありきたりなので違うものにしようとも思うのですが、値段が手ごろなのと、次のヒット商品が予想すらできません。これが欲しいというものがあったら教えてくださいね。まぁ、話題になりそうなものだったら、検討しますので。何事も目立つことは大事ですから。ということで、最近かってに話題にしているのはこのサイト。PC からは写真、携帯からはシールが無料で印刷できます。もちろん、送料も無料です。試してみてください。http://priea.jp/


2007-05-13

春の運動会





金曜は帰宅が朝の4時になってしまい、死にそうな状況でしたが、キャンセルできる訳もなく(。>0<。)、娘の小学校の"春の運動会”に参加してきました。”春の”とつく通り、娘が通う小学校は秋にも運動会があります。私が考えるに、”春の運動会”は新一年生と保護者を学校に慣れさせるのが目的なのだと思われます。要するに、いつも行っている歓迎会という名の飲み会と同じ感じです。(なかなか良いアイデアだと思いますよ。)その根拠が以下のアゲンダ。

1.開会式(全員)※全員とはもちろん父兄も含めてです。
2.かけっこ(1-4年)
3.かけっこ決勝(予選一位)
4.綱奪い(全員)
5.長縄連続跳び(1-4年、卒業生/有志)
6.玉入れ(全員)
7.みんな仲良し(幼児)
8.選抜リレー(1-4年)
9.綱引き(全員)
10.閉会式(全員)
あとかたずけ(全員)

なんと、父兄に参加を求める競技が60%を占めています。

結構盛り上がったのが綱引き。子供用と大人用の綱を入れ替えるほどの懲りようでした。大人用の綱はタンカーを港に繋いでおく綱だそうで、本当に太かった。

まぁ、私は最初の綱奪いで30メートル走っただけで、終わっていましたが。

でも、普段なかなかチームスポーツをできない私にとっては結構楽しんだ一日でした。来年もガンバルぞ!!!


2007-05-07

新潟帰省



GW後半の5/3から新潟帰省してきました。といっても、上越の実家は売出し中(ぜんぜん売れず?)のため、お墓のある新潟市内にホテルを取っての帰省です。朝6時半くらいに出発したのですが、既に渋滞が始まっていたため本庄児玉まで高速を利用せずにいくと約1000円の節約になりました。なんとか4時ころ到着しましたが、この日は夕食をとって就寝。翌日はお墓参り...。お墓の前での読経も5分で終了し、鳥屋野交通公園なるところへ遊びに行きました。交通公園という名前から察すると、実体験で交通ルールを学ぼう!!というのが趣旨のようですが、ただのゴーカート・サーキットに成り下がっていましたが、結構本格的で楽しかったです。





ゴーカートにも飽きたころ、隣接している乗馬倶楽部の会員さんが何やらビラを配っている。体験乗馬をやっているらしい。ということで早速体験...といっても子供だけです。





1枚100円の写真の印刷を待つ間は”四つ葉のクローバー”探しに熱中。最近は結構あるものなのでしょうか?なんかたくさん見つけていました。





そんなこんなでお昼過ぎまで遊べました。お昼ごはんは奥様の兄弟全員のお勧めの”みかづき”というイタリアン(http://mikazuki-go.com/index2.html)?私の感想は、焼きうどん+焼きそば+イタリアンという感じ。ちなみに私はマーボー豆腐イタリアンなるものを食べました(言ってこれは単なる中華料理でしたが。)

午後はお昼寝をして、夕方スーパー銭湯(http://www.yuttarien.com/)で疲れをとってから夕食(ここはそんなに大きくはないですが、値段も600円と手頃なのでお勧めです)。







翌日は今回の帰省のメインイベントの花祭り。なんでも、4年に一回、お釈迦様の誕生を祝って行われるお祭り?のようです。まぁ、普段は着ない着物を着たり、子供たちにとっては良い経験になったのではないでしょうか?

お祭りも11時に終了したので、渋滞に巻き込まれる前に帰路につきました。作戦が成功したのかどうかは分かりませんが、5時には東京へ到着。あー、疲れた。仕事-->GWと休みなしで活動したので、5/6はゆっくり休養して、戦場である渋谷に帰りますΣ(T▽T;)

2007-05-03

箱根ガラスの森美術館







箱根二日目は”大涌谷”でゆで卵を食べようと思ったのですが朝から駐車場待ちなので諦めて”箱根ガラスの森美術館”へ(http://www.ciao3.com/top.htm)。もちろん、”花より団子”の娘ではなく、奥様が行きたかったスポットです。行ってみると結構きれいでした。お勧めです。(但し晴れていればという条件付きですが...)娘はオリジナル・アクセサリー作りをやりたいと言い出したのですが、”館内見学が終わったらね”という”アメとムチ”パターンでかわしたまでは良かったのですが...?完成したもの焼いて、受け取るまでに1時間以上かかるそうです。一番最初にチャレンジして、館内見学をしながら焼き上がりを待つというパターンが良いでしょう。(500円で宅配もしてくれますが...)





その後、娘が”鱒の塩焼き”が食べたいということで探すこと30分。偶然見つけた釣堀に入ると、釣ったものを焼いてくれるとのこと。(値段は1,700円/kg)何とか3匹釣れたので、パパの面目躍如といったところでしょう。そして二日目は”紀州鉄道箱根強羅ホテル”(http://www.kitetsu-hotel.jp/hakone/)に泊まりました。大文字焼きを真正面に見ることができるお部屋ということで、大文字焼き当日はお高いのかもしれません。







翌日は私の希望でパターゴルフに行きました。奥様は楽しかったようで、今度はゴルフに挑戦してみると言い出しています。私の作戦勝ちですね。

2007-05-01

箱根ユネッサン











とうとう世間はゴールデンウィークに突入しました。例年であれば我家も9連休となるところですが、今年はちょっと違います。ビジネスの状況...というと格好が良いのですが、”休み”はビジネスマンにとっては”休日出勤”ということで、あえて有給を取りませんでした。ということで、我家では前半と後半の二回に別れた中規模な連休ということになります。(家内、娘にとっては9連休なのですが...)で、前半ですが、箱根に行くことになりました。突然、どこかに行こうということになったので、二泊三日が別々のホテルということになります。前半は箱根湯元近辺。箱根ユネッサンにいくことが目的です。パンフレットなどで見ていた印象よりは、かなり狭いですね。大人もがんがん泳ごう!!!...という人にはお勧めできません。
唯一印象的だったのは、”ドクター・フィッシュ”なるもの。悪い皮膚を食べてくれるらしいのですが、私の足に群がる魚を見て、いかに不健康な生活をしているのかを再認識しました。また、ホテルに夕食がついていなかったのでユネッサンにて夕食をとりました。貴賓館(http://r.gnavi.co.jp/b216200/)なるお蕎麦屋さんですが、藤田観光創業者の別荘を使っているということで、かなり立派なつくりでした。値段も立派でしたがお蕎麦は大変おいしく、食後に出てきた金平糖はすごーくきれいで、娘がお土産をもらったほどです。ユネッサンについての感想は、ちょっと高級な近所の”スーパー銭湯”という感じで、気軽に何度も通うと、すいている時間なども分かって良い...リピートに最適なスポットと感じました。